調査研究1(教育課程)・研究の概要


1 研究主題 これからの学校評価の在り方に関する研究
(平成14〜15年度継続研究)
2 研究の概要 平成14年度(1年次)
  • 先行研究を基に,学校評価に関する基本的な考え方を整理する。                                                    
  • 県内の学校における学校評価の実施状況を調査し,現状と課題を明らかにする。
平成15年度(2年次)
  • 1年次の研究を基に,学校評価を改善するための具体的な提言を試みる。                                              
  • 県内における実践事例や参考資料を収集・整理し,サポートブック(研究成果報告書)にまとめて各学校に情報提供する。


  情報の提供
《 平成15年度 調査研究 》
 これからの学校評価の在り方に関する研究について(2年次)
教育センター研究発表会で発表。 (平成16年2月13日)
学校評価サポートブックにまとめを掲載。 (平成16年2月発刊,県内各学校1部配布)



サポートブックをクリックしてください。内容の一部抜粋へジャンプします。
(第1章 学校評価を見直そう <基本編>:pdfファイル1,241KB)
ダウンロードして,現職教育等でご利用ください。

サポートブック目     次 第1章 学校評価を見直そう <基本編>

  1 今,なぜ,学校評価なのか
  2 これからの学校評価は
  3 学校評価を活用して
  4 「今,求められる学校評価」に向けて

第2章 学校評価に取り組もう <実践編>

  1 教職員の意識と力量を高めよう
  2 目標や基準を見直そう
  3 いつ・だれが・何を評価するのかを計画しよう
  4 評価の方法を工夫しよう
  5 評価の結果を検討して更新プランを立てよう
  6 評価の結果を公表しよう
  7 教職員以外からの評価を生かそう


《 平成14年度 調査研究 》
 これからの学校評価の在り方に関する研究について(1年次)
教育センター研究発表会で発表。 (平成15年2月13・14日)
研究紀要にまとめを掲載。 (平成15年3月発刊,各学校1部配布)

《 平成13年度 調査研究 》
 A 特色ある教育活動・学校づくりに関する研究について (平成14年2月5日 UP
小学校へ 中学校へ 高等学校へ
 B 総合的な学習の時間データベース資料 (平成13年9月21日 UP
小学校へ 中学校へ 高等学校へ
希望の校種をクリックしてください。一覧へジャンプします。